僕はとにかく、知名度を上げることに重点を置いて活動を続けた。
両方があれば、世の中がある程度思い通りになる。
無名の人間が頼むより、知名度のある人間が頼んだ方が、実現しやすい。
夢を実現するのは、有名になってからでも遅くないというのが僕の考えだ。