蔵の中を整理していたら、一通の古い手紙を発見した。
誰が書いたものかは知らないが、どうやら恋文らしかった。
ここにあるということは、渡すことはできなかったのだろう。
これを書いた人は、思いを告げることができたのだろうか。