あの約束を交わしたのは、何百年前だったか。
思い出すことすらできないほど、月日が流れた。
それでも、あの約束を忘れたことは、一度もない。
この先何千年経とうとも、忘れることはないだろう。