ユートピアへは、どんなことがあっても行くことはできない。
なぜなら、理想は現実とは異なる存在だからだ。
辿り着いた瞬間、そこはユートピアではなくなってしまう。
ユートピアは、蜃気楼のように、常に逃げていく場所なのだ。