あいつはかつて、最高の友にして、最強の相棒だった。
でも俺たちは、別々の道を行くことを選んだ。
今では、最大の敵にして、最強の壁。
それでも俺は、あの頃と同じように、あいつを友だと思っている。