背徳感が快感に変わり、私の背を押し続ける。
いけないと分かっていても、止めることができない。
そして私は、欲望の全てを彼女の中に閉じ込めた。
これでもう、後戻りはできない。