この辺りのゴロツキは、みんな彼を慕っている。
ごく普通の、ちょっと気弱なだけの、どこにでもいる男なのに。
たぶん、どんな奴にでも、守るものがあった方が楽なんだろう。
弱い分、つい守りたくなるという、そんなカリスマが彼にはあるに違いない。