いつ何を訊いても、だいたい彼は「良かったよ」としか答えない。
適当にその場しのぎで言ってるわけではないだろうから、それは真実なのだろう。
ただ、良し悪しなんて、相対的でしかない。
ようは、彼の言う良かったは、決して最良ではないということだ。