彼にとっては、傷つけることが愛情だった。
だから恋人も親友も、家族さえも平気で傷つけた。
命までは奪わなかったが、それは度が過ぎなかったからではない。
絶命すれば、それ以上傷つけることができなくなってしまうからだ。