彼が生きている限り、僕に休息の時はない。
休憩を取らせて欲しいと思うことも、たまにはあるけれど。
僕が休んでしまったら、彼は死んでしまう。
どんなに負担を掛けられても、僕は休んではならないのだ。