毎日毎日、雨が降ろうが槍が降ろうが、修行を続けた。
ひたすら無心で、この一点を極めることのみに集中していた。
その甲斐あって、数年かかったが、ようやく私は手に入れた。
鉄だろうがお湯だろうが、水面に映った月だろうが、何でも刀で切れる力を。