「いいか? 欲を出せば必ず罰せられる。この言葉を忘れるなよ」
私の忠告に従って、彼はどんな誘惑にも負けず、先に進んだ。
それでも彼は、罰から逃れられなかった。
誘惑には負けなかったが、ここから出たいという欲は、捨てきれなかったから。