ドアインザフェイスという、最初に大きな要求を吹っかけるやり方があるらしい。
断られるのが前提で、その後で本当の要求を通すというやり方だそうだ。
それを知った僕は、さっそく無茶な要求を仕掛けてみることにした。
「ねえねえ、今すぐにそのドアに顔をめり込ませてみてくれない?」