僕はただ、許してほしかっただけなのだ。
取り返しのつかない過ちだったことは十分に承知している。
でも、誰からも許されないまま死んで行くのだけは嫌だった。
だから今日も、終わりの見えない謝罪の旅を続けている。