好きな夢を見られる薬を作った。
需要があるという自負はあったが、想像以上の売り上げに私は喜んだ。
これで、更なる研究と金儲けが行える。
今度は、夢の内容を起きた時に正確に覚えていられる薬を作ろう。