夜空に浮かぶ月を、じっと眺めていた。
視線を落とすと、月が湖に映し出されていた。
やがて月が雲に覆われ、湖も無表情に戻った。
そして僕も、闇に飲まれて姿が消えていく。