溢れてこぼれていることに気づかず、気づいたとしても止める方法を知らない。
それが、若い者が持つ才能と感性。
内なる宝庫から無限に湧き出る泉は、水が枯れ果てるまで衰えることがない。
私も若い頃は、才能も感性も湯水のごとく使えていたのだ。