自分で言うのも恐れ多いが、ようやく私も、売れっ子の仲間入りできた。
同時に何本もの作品を執筆するなんてのも、日常茶飯事だ。
おかげで、小説を読む暇がないくらい、小説を書くのに忙しい毎日。
元々小説を読むのが好きで書き始めたのに、立場が逆転してしまった。