年々、睡眠時間が長くなっている。
体力的な問題じゃなくて、私自身がそれを望んでいるからだ。
現実はつまらないことばかりで、長い時間滞在しても良いことはない。
だから私は、より長い時間、夢の中に滞在しているのだ。