彼の書く作品には、いつも結末が存在しない。
オチがないというか、消化不良な感じで物語が終わるのだ。
どうして中途半端な終わり方をするのか、訊いてみたことがある。
彼は結末を一つに絞りたくないから、読者に委ねているのだそうだ。