どんな汚いものであろうとも、私は文句一つ言わずに受け入れる。
その為に、私はずっと綺麗でいなければならないのだ。
私自身が汚かったら、みんなも安心して使用できないだろう。
みんなが遠慮なく汚物を出せるように、私は今日も綺麗であり続ける。