私の示す方角が、必ずしも正解とは限らない。
だがそれでも、私は示すことを止めない。
それが私に課せられた、唯一の役目だからだ。
私の示した道を信じるかどうかは、あなた次第。