彼女はいつでも、余裕の笑みを浮かべている。
でも実際には余裕なんてないことを、私は知っている。
余裕がないからこそ、逆にふてぶてしく笑うのだ。
そうしないと、自分を保っていられないから。