私は夜型じゃないと生きられない。
昼間はとにかくうるさくて、何事にも集中できないのだ。
人々の喧騒もそうだし、思念も飛び交う。
みんなが寝静まってからじゃないと、私は活動できない。