優等生だから偉いわけでもないし、劣等生だからダメなわけでもない。
そんなものは、自転車の補助輪のようなもの。
補助輪を外してからが、本当の勝負なのだ。
優劣なんて他人が決めるものに、やりたいことを邪魔させはしない。