僕はずっと、誰かの敷いたレールの上を歩き続けていた。
でもこれからは、誰もレールを敷いてくれない。
改めて見つめてみると、僕の前には無数に道があることに気づく。
でも多すぎて、どっちに行けば良いのかが全く不明だ。