私の趣味は覗きである。
もちろん、犯罪的な行為としての覗きというわけではない。
むしろ、彼らを観察するには、覗きという行為に頼るしかないのだ。
ここに住む妖怪はみんな、人間を見ると一目散に逃げてしまうから。