空気を読むのは凄く大変で難しいのに、誰もが当たり前のように要求してくる。
だから私は、空気を読むことができる特殊な眼鏡を作った。
これをかければ、その場の空気が目に見える情報として見えるようになる。
正直、こんなもの作るんじゃなかったと、後悔している。