夢の中の私は、現実の私とはまるで正反対だった。
もしかしたら、夢の中の方が、本当の私なのだろうか。
だとすれば、普段の私は、もう一つの、別の私。
何もかもが偽りで塗り固められた、仮面の私。