ありがたいことに、私の本には百万近い読者がいる。
でもその中に、本当に読ませたい人は、もう入っていない。
それが分かってから、急速に筆が進まなくなってしまった。
読者が待っていることは分かっているのに、どうしても手が動かない。