いつまでも過去の栄光に縋りつくのは、確かにみっともないのかもしれない。
でも今の私には、何一つ誇れるようなものがないのも事実だ。
毎日が退屈で、良い思い出と呼べるようなものが全然できない。
栄光ではないけれど、今の私を支えているのは、幼い頃の思い出だけ。