おそらく私は、ここにいるどの選手よりも実力は弱いだろう。
それでも私はこうして、金メダルを手にすることができた。
私の実力が最低でも、チームとしての力は、その限りではないのだ。
団体戦ってのは、五人中三人が勝てば、先に進めるものだから。