自分の果たせなかった夢を、私は次の世代に託した。
彼らが私の代わりに夢を果たしてくれれば満足できると、そう思っていた。
でも、彼らの頑張る姿を見ていたら、惜しくなってしまった。
もう一度夢を追いかけて、自分の力で掴みたい気持ちが、どんどん膨らんでいく。