彼女は、宵越しに何かを持って行くということを徹底的に嫌う。
だから宵越しのお金も持たないし、その日の汚れも全て風呂で洗い流す。
それ自体は結構なことなのだが、一つだけ、そのポリシーには難点がある。
記憶すらも持ち越さないから、いつも彼女との挨拶は初めましてになってしまう。