漕いでも漕いでも一向に船が前に進まない。
間違ったことはしてないのに、間違っている原因が分からない。
そこから脱出するまで、それに気づくことはない。
それが夢の正体だ。