ずっと、あの人に憧れていた。
あの人の背中を追いかけて、必死に努力を重ねてきた。
その背中を追い越せたとき、嬉しさでいっぱいになると思っていたのに。
今はもう、どこに向かえば良いのか分からないという不安しかない。