私はこれまで、数多くの人間たちを酔わせて来た。
辛いことから目を背けるため、嬉しさに酔い痴れるため、目的は様々だ。
コミュニケーションを円滑にし、人と人とつなぐことにも私は貢献している。
水や空気ほどではないにしろ、私の存在も、人類にとっては必要不可欠なのだ。