「最近、視線を感じるんだよね……」
「ストーカーってやつかな?」
「う、うーん、どうなんだろう……?」
 由梨は腕を組んで首を傾げた。
「あんた可愛いからねえ。ストーカーの一人くらいいても、あたしは別に不思議に思わないけどなあ」
「別に私は……」
「ん? 可愛くないって? そんなことないよー。ほらほら」
 久美は由梨を抱き寄せて、髪をぐしゃぐしゃと掻き回した。
「うわわ、止めてよ!」
 気にせず髪を掻き回す久美。由梨の髪が寝起きのようにボサボサになった。
「あうー、酷いよ久美ちゃん……」
「ごめんごめん。でもあんたのそういう沈んだ顔を見るの、好きじゃないからさ」
 由梨は髪を撫でつけながら久美を軽く睨んだ。
「で? その視線ってのは何? 一日中感じるの?」
「ううん、そんなことはないんだけど、でもいつもここに来ると、急に感じるの」
「まあ、その気になれば隠れるところなんていくらでもあるからなぁ……」
 久美は辺りを見回した。人影は見当たらない。
「それにね……何か一人じゃない気がするんだ」
「一人じゃない?」
「と言うか、一人のときもある、かな。何人もの視線を感じることもあるし」
「一人のときもあるし、何人のときもある……ね。なるほどなるほど」
 久美は何度もうなずいた。
「それなら気にしなくて大丈夫だよ」
「え?」
「そっかあ。あんたもこの視線を感じられるようになったのね」
「あんたもって……じゃあ、久美ちゃんも?」
「あたしは前にバイト先で感じたことがあるからね。もう慣れた」
「ストーカー……ではないの?」
「違うよ。この視線は違う」
「じゃあ一体……」
「まあ、何て言うか……神様みたいなもんだよ」
「か、神様?」
「そ。神様。だから心配しなくて良いよ」
「うーん、まあ、久美ちゃんがそう言うのなら……」
「そうそう。どーんと構えてなさい。その方が神様も喜ぶわ」
「久美ちゃんは、その神様って人に、会ったことあるの?」
「ううん、ないよ。と言うか、残念ながらあたしたちは、今あたし達を見ている神様には会えないんだ」
「どういうこと?」
「次元が違うって言えば良いのかな。向こうはあたしたちよりも一つ上の次元にいる人たちだから、会うことはできないの」
「ふーん……?」
 由梨はよく分かっていないようだ。別に分かる必要はないと思う。
 久美にしたって、視線の主がどんな人かは分かっているが、具体的に何処の誰なのかは分からない。どんなに頑張っても、それが分かる日は来ない。
 でも、それで良い。
 それが、登場人物と読者との、本来あるべき関係なのだから。