実際に姉や妹がいる人からすると、姉萌えや妹萌えと呼ばれるものなど、およそあり得ないらしい。異性として好きになったり、ましてや性的な興奮を覚えることなど以ての外だと。
 僕はそうは思わない。
 なぜならこの僕自身が、姉や妹を、本気で一人の女の子として愛しているからだ。誰よりも可愛いと思っている。性的な興奮も覚える。でも絶対に手を出したりはしない。それは身内だからではなく、彼女たちを神聖視しているからだ。彼女たちは、僕なんかが汚して良い存在ではない。そんなおこがましい真似はできない。
 もちろん、僕以外の人に手を出されるなんてまっぴらだ。姉や妹には、誰一人手を触れさせやしない。彼女たちにはずっと、清らかなままでいてほしい。
 でも、やっぱりと言うか、僕のそんな考え方は周りからすると気持ち悪いらしく、だから僕は友達がいない。学校では常に仲間はずれ。頭がおかしいという声も露骨に聞こえる。みんなわざと大きな声で言っているから、聞こえて当然なんだけど。
 あまり気にはならなかった。僕は独りじゃない。僕には姉と妹がいる。彼女たちがそばにいてくれれば、友達なんていらない。だから何を言われても平気だった。
 そんなある日、僕たちのクラスに転校生がやって来た。どこも変わったところのない、普通の転校生だ。
 どうせ彼も、僕のことは気持ち悪いと思うだろうから、仲良くなることはないだろう。卒業まで一言も話さないかもしれない。今はまだ僕の姉妹好きを知らないけど、そんなものはすぐに知れることになる。
 ところが、その予想は半分当たって、半分外れた。
 転校初日の昼休みに、クラスの連中が転校生に僕のことを話していた。
「おい、転校生。あいつには近づかない方が良いぞ」
「どうして?」
「あいつ、頭がおかしいんだ。いつも人形に話し掛けてるんだよ。今も机の上に女の子の人形が二つ置いてあるだろ? あれを自分の姉ちゃんと妹だと思ってるらしいんだ」
「お人形さん遊びが好きってこと? 別に男子で人形好きでも良いんじゃないの?」
「いや、どうやら本気で自分の姉妹だと思ってるらしい。気持ち悪いだろ?」
「ふーん、そうなんだ」
 やっぱりすぐに知れた。これであの転校生も僕のことを仲間はずれにするだろう。
 そう、思っていたのに――。
 彼は僕を仲間はずれにするどころか、僕と一緒にクラスの連中から仲間はずれにされた。
 でもそのおかげで、僕には初めて友達ができた。
 それも、僕と同じ考え方を持つ友達が。
 今では、姉や妹に誰一人触れさせたくないという考えもなくなり、転校生の彼と二人で、よく自分たちの姉や妹を交換して楽しんでいる。