春――。
 それは新緑の季節。新たな出会いに恵まれる季節。
 私にも、出会いがあった。
 とても素敵な出会いだった。
 その日、日が暮れるまでずっと、私達は一緒にいた。
 次の日また会うことを約束して、私達は別れた。
 その次の日、約束通りに私達は同じ場所で再会した。
 更に次の日も、そのまた次の日も――。
 穏やかで、和やかで、暖かくて。
 緩やかに、幸せな時間が流れていく。
 一緒にいる時にすることと言えば、背中を合わせてじっとしているだけ。
 私も喋らない。相手も喋らない。小川のせせらぎよりも静かに、頬を撫でる空気よりもじっとしている。それでも目を閉じてじっとしていると、雲のベッドに寝ているような、ふわふわとした心地良い浮遊感に包まれる。
 もちろんその日も、明日会う約束をして、別れた。
 ところが、次の日は、大雨だった。
 雨が降ったら会わないという約束はしていなかったけれど、私は家から出ずに、雨が止むのをじっと待っていた。
 早く雨が止んでくれないかなと、私は空に祈り続けた。
 祈りが届いたのか、夕方近くになって、雨はすっかり止んでくれた。
 私は大急ぎで、いつもの場所に向かった。
 泥が跳ねるのも構わずに、私は走った。
 そして私達は、いつものように再会した。
 ただ――
「雨で……全部落ちちゃったんだ……」
 いつもと同じ光景は、そこにはなかった。
 満開だった桜の花びらは、大雨のせいで、一つ残らず散ってしまっていた。
 とても、寂しかった。
 頬を、何かが伝う感触。
 また、雨が降ってきたのだろうか。
 私はそっと桜の木に触れた。
 濡れている。
「あなたも、泣いているの?」
 もう少しだけ、一緒にいたい。
 桜も、そう思ってくれているだろうか。
 私はしばらくの間、ピンク色の衣を失った寂しい背中に寄り添っていた。
 いつもと同じように――。
「……来年も、会えるよね?」
 返事はなかったけど、私には分かっている。

 春――。
 それは新緑の季節。新たな出会いに恵まれる季節。
 来年になれば、新たな桜の花達が、私を出迎えてくれる。満開の、桜が。
 その時、私は何て言おうかな。
 ひさしぶり――か。
 はじめまして――か。
 でも、今言う言葉だけは、決まっている。
「またね」
 夕日が優しく微笑んでいた。