数十年間、ただひたすらに、紅茶を淹れるためだけに人生を費やした。
だからこそ彼の淹れる紅茶は、誰が淹れたものよりも美味しい。
常に精進を続け、より美味しく淹れるにはどうすれば良いかを考え続けた。
だからこそ彼の淹れる紅茶は、今もなお、毎日美味しくなり続けている。