命あるものは、いつか必ず寿命が尽きる時が来る。
命ある限り、誰もがこの真理から逃れることはできない。
僕が守りたかった者たちも、ことごとく僕より先に尽きて行った。
僕だけが命あるものではないから、彼らの後を追うことができない。