毎年、お年玉をいくらあげたら良いかで悩んでしまう。
あげすぎても良くないし、少なくても嫌な顔をされてしまいそう。
しかしこれは、贅沢な悩みなのかもしれない。
あと何年かすれば、あげることすらしなくなってしまうのだから。