一つ嘘を重ねる度に、傷が一つ増えていく。
これでもう何度目に嘘になるか、自分でも分からない。
これ以上傷つく場所がないくらいに体はボロボロだけど。
それでも私は、嘘をつくことを止められない。