私には、オフェンシブな生き方はできない。
ディフェンシブに、相手が向かってくるのを待つ。
そして、罠にかかった相手は決して逃さない。
この糸は、そのためにあるのだ。