あと十分、いや、五分でも良かった。
それだけあれば、確実に間に合ったはずなのだ。
一分一秒を争うこの事態においては、五分といえども貴重な時間。
私は毎朝、こんなことを言いながら、遅刻ギリギリに出社している。