気がついたら、あれからちょうど三年の月日が流れたことになる。
その間に必死に暖め続けたアイデアが、ようやく形になった。
でも残念ながらこのアイデアは、世間には受け入れてもらえなかった。
それでも、石の上にただ座っているよりは、有意義な三年だったと言える。