僕は、美味しいものならいくらでも食べられる。
胃袋がどんな仕事をしてるのかは知らないけど、本当にいくらでも入るのだ。
よく、甘いものは別腹なんて言葉があるけれど。
僕の場合、美味いものは別腹なのだ。