あいつが死んだことを、僕は受け入れることができなかった。
だから葬儀にも参列しなかったし、未だに墓参りにも行ってない。
その内ひょっこりとやって来て、減らず口の一つでも叩いてくれるに違いない。
その時に別れの言葉でも言われない限り、僕は受け入れられないだろう。