こっちの世界では、僕のことを知らない人が一人もいない。
でもあっちの世界では、僕を知っている人が一人もいない。
全く同じ顔触れなのに、そういったことが起こる。
夢ってのは、そういう世界だ。